経済投資

スクー講座 お金の超基本つづき

在宅時はスクーが提供している講座を視聴している。
現在は、お金の超基本という講座を受けています。

①お金とは、
②稼ぐ
③納める
④貯める
⑤使う
⑥備える
⑦増やす

全部で7講座行われています。
内容が具体的で頭の中にスッと入ってきやすい講座です。
4講座の貯めるまでを視聴したが、わが家のテーマピッタリだった。

 

貯めるカテゴリーを分ける概念は新鮮であった。
「予備費」
「目的別貯蓄」
「資産形成」

この中の目的別貯蓄しか意識が向いておらず、資産形成はおろか予備費には
全く見向きもしていなかった。

 

予備費は急な出費に備える意味で30万~50万ほどあると良いそうだ。
ただ、生活防衛費にまで解釈を広げて6ヶ月から1年分の生活費を確保しよう。

 

その上で、目的別に必要なものを精査し、資産形成に回せるように組んでいきたい。
これまでは完全などんぶり勘定だったので、カテゴリー分けしてすっきりさせておく。

 

そうすることで、靄かがっていたお金のことが、少しずつ晴れてくるように思える。
晴れてくると、見えなかった景色が見えてくる。見えてきたときに、本当に必要なことや
家族各々がやりたいことを見ることができるのではないかと考えた。

 

改めて、お金について考えることが、面白くなってきた。
2日前、お金の超基本の書籍が届いた。今日の講座の復習に本を開いた。

 

「お金の超基本」坂本 綾子、 泉 美智子

https://amzn.to/2YMleH9

ABOUT ME
イッキョウ
2020年コロナ禍中、生活防衛圏という言葉を知る。ふところ具合をみると、達しておらず愕然とする。しかし、合気道8年目の初段で【健康への投資】し、落語教室に7年通い【人間関係への投資】をしていることに気づく。あとは【経済への投資】で人生の上がりを目指す。現在のイッキョウ家の合言葉は【ふところ突破】
こちらもおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です