経済投資

家計の見直しはまどろっこしくなる

家計の見直し道半ば、というか、一歩二歩程度しか進んでいない。
はじめざっくりと足を踏み出すが、細かな動きが必要な場面が多い。
細かな動きがチマチマしていて、まどろっこしくなる気持ちに見舞われる。

 

・この先、見えるもんがあるのかな、
・小さいことばかりで、あんまり積み重ならないよな、
・今のやりとりのほうがしんどいんちゃうか、

 

など、めんどくさいと思っている自分がのぞき込んでささやいてくるのだ。
そうなる理由は分かっている。
どうなるか、鮮明に色づいた未来が想定できていないからだ。

 

いきあたりばったり感ですすめていくと、めんどくさいと思っている自分が邪魔をしてくる。
鮮明な未来を握りしめてすすめていくと、めんどくさいと思っている自分が動力となってくる。

 

鮮明な未来を握りしめるためには、
・先日作成した価値観マップを日ごろから見ておくこと
・見たときに思いついたら書き込んでおくこと
・家族と価値観について話しておくこと
・違う価値観を動力となるように共通した鮮明な未来を描いておくこと

 

七夕なのでいい機会である。まずは、短冊に書き込んでおこう。

ABOUT ME
イッキョウ
2020年コロナ禍中、生活防衛圏という言葉を知る。ふところ具合をみると、達しておらず愕然とする。しかし、合気道8年目の初段で【健康への投資】し、落語教室に7年通い【人間関係への投資】をしていることに気づく。あとは【経済への投資】で人生の上がりを目指す。現在のイッキョウ家の合言葉は【ふところ突破】
こちらもおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です