経済投資

断捨離で懐かしむお宝を発見

出勤時には、断捨離の時間を取っている。
ほっておくと、〇〇屋敷のようなワンサカデスクになってしまう。

 

今日も書類をスキャンしては捨て、スキャンしては捨て、を繰り返した。
あらかた片付いたのでCDR類に取り掛かった。CDRは少し面倒だ。
書類と違い、いちいち中身をプレーヤーに掛けて確認しなければならない。
ラベルはつけているものの、間違いないかを確認する。面倒だ。

 

CDRに焼いているのはほぼ写真である。再生すると、懐かしい写真がワンサカでてくる。
一枚一枚懐かしみながら目を通す。ふと、当時のことが沸き上がる。
当時感じた気持ちと写真を見て感じている気持ちが交差する。
「あのとき、幸せだったと言ってもいいよな。」私はつぶやいていた。

 

浸っている時を刻一刻。
断捨離は全く進まないまま、CDRを入れ替えた。

ABOUT ME
イッキョウ
2020年コロナ禍中、生活防衛圏という言葉を知る。ふところ具合をみると、達しておらず愕然とする。しかし、合気道8年目の初段で【健康への投資】し、落語教室に7年通い【人間関係への投資】をしていることに気づく。あとは【経済への投資】で人生の上がりを目指す。現在のイッキョウ家の合言葉は【ふところ突破】
こちらもおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です